あんじゅ・みさ

1973年、鎌倉生まれ、横浜育ち。2011年、東京から軽井沢に転居。軽井沢に暮らして間もなく、清浄なる別荘地の底流をなす江戸時代の繁華で猥雑な宿場町だった頃の風土と、そこに暮ら人々の姿に惹かれ、思いがけずも小説の執筆を始める。2020年8月、『浅間山ろく玄鳥記シリーズ1 闇夜の雪(あんやのゆき)』を電子書籍でリリース。追分の美術評論家との出会いをきっかけに、芸能分野にも目を向けるようになる。

軽井沢の山アジサイ

いつもはいつから

道の端にいつものように、山アジサイが咲いた。そういえば、ほぼ昨年と同じ場所に、同じように露草も咲き始めて、また同じように ...

2021/6/8

庭のつつじ

つつじの花散る山

今週、軽井沢にカッコウの初鳴きを耳にして、そういえば春にはカッコウの声は聞こえなかったと11年目にして初めて気づいてみた ...

2021/5/30

公園のつつじ

この道があの道だとしたら

このところの軽井沢は霧に包まれることが多い。 窓から眺める森が次第に濃くなる霧に沈み、輪郭も色も失い、それでもなお全てが ...

2021/5/21

バードカフェ営業終了

それぞれの地へ

初めて野鳥のための餌場を設置したのは、昨年の11月末のことだった。 軽井沢に移ってきて10年目の冬に、なぜ突然にそうしよ ...

2021/5/6

目黒馬頭観音

逢魔時の魔物

東京や横浜といった都市で最も好きな時間帯は夜、なかでも特にその明ける頃だった。 多くの人が家路につく日の入りの頃、昼の間 ...

2021/4/30

カタクリの花

かたくりへんげ

軽井沢はようやくに遅い春を迎えたものの、明日の朝も氷点下の予報。屋根直下の平家のせいか昼間の室温は25℃を超え、夕方から ...

2021/4/25

軽井沢の大賀ホール

音楽の地産地消

「ドイツ語の呼吸でないと、本当にはバッハは弾けないのです」 電話口でそう語るのは、音楽家でありピアニストを伴侶にもつ音楽 ...

2021/4/2

軽井沢の心底からの春の声

散歩の途中、老齢の域にあろうご近所の男性と行きあって挨拶を交わした。 常にも行きあえば挨拶するし、感じも決して悪くないの ...

2021/3/30

ちゃたまやのひよこムース

軽井沢でたまごを食らふ

こんにちは、あんじゅです! 突然ですが、玉子のサイズって気にしたこと、ありますか? 調べてみたら、一般的にはSS・S・M ...

2021/2/11

軽井沢の雪の餌かご

雪予報の軽井沢顛末

こんにちは、あんじゅです! 雪予報で、大雪になるかも!と案じられたのは1週間ほど前のこと。ちょっと遅くなりましたが、その ...

2021/1/31

© 2021 餡住実茶(あんじゅ・みさ) Powered by AFFINGER5